プロペシアとミノキシジルのWパワーで薄毛を撃退!

副作用から生まれた薬

プロペシアとミノキシジルはどちらも元々はAGAの治療薬として開発された薬ではありません。それぞれ違う病気の治療薬として開発され、副作用で多毛症が見られたためにAGA治療薬として改めて販売されることになったんです。

通販の方がはるかにお得

プロペシアとミノキシジルを併用して使おうと思うと、どうしてもそれだけコストがかさみます。毎日使うものですから少しでも費用を抑えたいですよね。通販ならずっと安く購入することができますよ。

使用してはいけない人

プロペシアとミノキシジルは副作用があるので、使用してはいけない人というのが存在します。特に女性はプロペシアに触れるだけでも危険なので、取り扱いには細心の注意を払って下さい。

2つの薬を併用する

日本人男性は、かなり高い割合で薄毛に悩んでいると言われています。
特に、若い男性ほどやたら薄毛を気にしているような気がします。
そんな僕も、毎朝鏡を見て髪の毛が薄くなっていないかチェックしています。
神経質になっているから錯覚しているかもしれませんが、なんだか最近薄くなってきているような気がするんです。
そこで、調べてみたところ、どうやら若い人が悩んでいる「若ハゲ」は「AGA」という病気なんだそうです。
遺伝や男性ホルモンの影響が原因で起こるそうです。
遺伝といえば、ハゲは隔世遺伝と言いますが、僕は父も祖父もさらには親戚もみんなハゲているので、
毎朝鏡で念入りにチェックしていても、このままではハゲていく一方です。
AGAはゆっくりとしたスピードで確実に進行していくと知り絶望しましたが、
AGAは改善できるということも知り、少し希望が持てました。
AGAの治療薬を調べてみると、「プロペシア」と「ミノキシジル」が有名なようでした。
プロペシアは錠剤タイプの飲み薬、ミノキシジルは飲み薬と塗り薬の2種類があります。
押さえておきたいのは、プロペシアは「脱毛抑止効果」があり、ミノキシジルは「発毛促進効果」があるということです。
つまりはこの2種類を併用することで今ある毛をこれ以上減らすことなく、新しい毛を生やすことができるんです。
薬を併用するなんて危険なのでは?と思うかもしれませんが、プロペシアとミニキシジルは成分も効果も全く違うので併用しても問題ありません。
ただ、飲み薬を服用するよりも、プロペシアとミノキシジルの塗り薬を併用した方がより安全なので、
今回は飲み薬であるプロペシアとミノキシジルの塗り薬について紹介していきたいと思います。